DELiGHTWORKS

DELiGHTWORKS株式会社の開発に関する情報を発信していきます。

ゲームデザイナーに必要なスキルはなんですか?

ディライトワークスの田村です。
たまに絵も書けないし、プログラムも組めないので、ゲームデザイナーを目指します!という話や、プログラマーをある程度やってから、ゲームデザイナーになりたいです、という話を聞いたりします。

でも、これって非常に難しいことなんですね。
ゲームデザイナーを夢見る皆さんのために「ゲームデザイナーに必要なスキル」について書いてみます。
とはいえ、私はゲームデザイナーではありませんから、
「The Art of Game Design」の記載を借りることとしました。

Jesse Schellは言います。

要するに「(ゲームをデザインするのに必要な能力は)すべてである」と。
彼が本書の中でアルファベット順に挙げてくれていた幾つかの項目を見てみましょう。

アニメーション(Animation)

現代のゲームは、生き生きとしたキャラクターでいっぱいです。
「アニメーション」という言葉は「命を与える」という意味なのです。
キャラクターアニメーションの力と限界を理解することで、世界がまだ見たこともないような巧妙なゲームデザインのアイディアのドアを開くことができるでしょう。

 

人類学(Anthropology)

自然の生息地で聴衆を勉強し、心の欲望を理解しようとすれば、あなたのゲームはその欲望を満たせるかもしれません。

 

建築(Architecture)

あなたは建物以上のものを設計します。都市全体、世界全体を。
人と空間の関係を理解する建築の世界に精通していることは、ゲームの世界を創造する上で大きな足跡を残すでしょう。

 

ブレインストーミング(Brainstoming)

あなたは何十という新しいアイディアを創造する必要があるからです。

 

ビジネス(Business)

ゲーム業界では、殆どのゲームはお金を稼ぐために作られています。
ビジネスの先端を理解すればするほど、夢のゲームをつくれるチャンスが増えます。

 

映画撮影(Cinematography)

多くのゲームは動画を持っています。
ほぼすべての現代的なゲームは仮想的なカメラを持っていますし、リアルで魅力的な体験を提供したい場合は、映画撮影の技術を理解しておく必要があります。

 

コミュニケーション(Communication)

ここに記載されているすべての人と話す必要があります。
論争を解決し、コミュニケーションの問題を解決し、チームメイトやクライアント、顧客が実際にあなたのゲームについてどのように感じるかの真実について学ぶ必要があります。

 

創造的な執筆(Creative writing)

あなたは架空の世界と、そこに住む人口を創造し、そこで起こる出来事を決めなければならないでしょう。

 

経済(Economics)

多くの現代的なゲームは、複雑なゲーム内リソースの経済を特徴としています。
経済学のルールを理解することは、驚くほど役に立つでしょう。

 

エンジニアリング(Engineering)

現代のビデオゲームには、今日の世界で最も複雑なエンジニアリング技術の幾つかが含まれています。
新しい技術革新は、新しい種類のゲーム体験を可能にするでしょう。
革新的なゲームデザイナーは、それぞれの技術がもたらす限界と力の両方を理解していなければなりません。

 

ゲーム(Games)

当然のことながら、ゲームに精通していることは大いに役に立ちますが、作成しようとしているゲームの種類に精通するだけでは足りません。
ロバの絵にしっぽをつけるゲーム(Pin the Tail on the Donkey)から、パンツァードラグーン(Panzer Dragoon)まで、あらゆる種類のゲームについての知識は、今ゲームを作成しようとする際に必要な原材料となります。


歴史(History)

多くのゲームは歴史的な設定を持っています。
ファンタジーの設定をされたものでさえ、歴史から驚異的なインスピレーションを得られるでしょう。

 

マネジメント(Management)

チームが目標に向かって一緒に働いているときはいつでも、何らかのマネジメントをする必要があります。
優れたゲームデザイナーは、管理が失敗していても成功することができます。

 

数学(Mathematics)

ゲームには、一般的にコンピュータグラフィックスやコンピュータサイエンスの背景にある数学はもちろんのこと、すべての数学、確率、リスク分析、複雑なスコアシステムなども含まれています。
熟練したdesignerは、時々、数学を掘り下げることを恐れるべきではありません。

 

音楽(Music)

音楽は魂の言語です。
あなたのゲームに人々が触れ、夢中になり、それを抱擁するならば、音楽なしでは成り立たないでしょう。

 

心理学(Psychology)

あなたの目標は人々を幸せにすることです。
人間の心の働きを理解していないとすれば、暗闇の中でゲームデザインしているのと同じです。

 

演説法(Public speaking)

あなたは頻繁にアイディアをグループに伝えなければいけません。
時々、あなたは彼らのフィードバックを得るためにも話すでしょう。
また、時には天才的な新しいアイディアについて話すことがあります。
理由が何であれ、自信を持って、自然に、そして伝わるように話さなければいけません。

 

音響制作(Sound design)
音響は、それがその場所にあることを心に納得させるものです。
言い換えれば「聞くことは信じることだ」です。

 

技術文書(Technical writing)

仕様の穴や隙間を残すことなく、複雑なデザインを明確に記述した仕様書(ドキュメント)を作成する必要があります。

 

視覚芸術(Visual arts)

あなたのゲームはグラフィクスの要素でいっぱいになります。
なので、あなたがグラフィックデザインの言葉に精通しており、ゲームに持たせたいイメージを伝えるために、言葉を使う方法を知っていなければいけません。

 

さて、ゲームをデザインすることの大変さが伝わったでしょうか。
それにしてもゲームデザイナーが覚えなければいけないことは驚くほど多岐に渡りますね。
本当にこんなゲームデザイナーがいるのでしょうか?
しかし、真実は誰にもこんなことはできない、ということなんです。

 
でも、考えてみてください。
世の中にはこれらの要素が複合した本当に素晴らしいゲームは存在しています。

では、なぜこれらの要素が絡み合った複雑で素晴らしいゲームができるのか、それを次では書きたいと思います。