DELiGHTWORKS Developers Blog

ディライトワークス株式会社で扱っている技術や、研究開発の模様をお伝えするブログです。

CEDEC+KYUSYU2019で登壇してきました!!

ご挨拶

どうも!こんにちは!
ディライトワークス技術部の鈴木です。

昨年末の2019年11月23日、福岡の九州産業大学で行われた「CEDEC+KYUSYU 2019」のスポンサーセッションにて登壇しましたので、それまでの流れや振り返りと感想を書いていきたいと思います。

登壇資料はこちらです。

蛇足ですけど、SpeakerDeckの埋め込みはSpeakerDeck公式のembedタグ発行から作成したタグを貼ると綺麗ですね。

どうして登壇したの?

僕は入社前のときから「CEDEC〜登壇〜」と念仏のようにつぶやいて居たのですが、それを覚えて頂いてた上司よりご指名をいただきました。 非常にありがたいです。
登壇日の約1カ月前の連絡でなければもっと良かったです…(苦悶

登壇までの様子

f:id:suzuki_t_DW:20191218114123j:plain
博多駅から電車で1本、好アクセス

当日の登壇は14:40~という事で、それまでは登壇者用控室でのんびり必死で資料の見直しや話す内容確認を行ってました。

僕自身は外部に向けた会場で登壇するのは初めてで…かなりの緊張はありました!しかし!覚悟を決めてた事もあり、始まる直前にはとても高いテンションで望む事が出来ました。

f:id:suzuki_t_DW:20191218114118j:plain
ここで登壇しました。300名弱が入る部屋は広い…

真剣に聞いて頂いた皆様方、大変ありがとうございます。

登壇の内容について

前半は僕が担当、中身は2つ「これまでの弊社技術の変遷(インフラ編)」「最新取組み事例の開発環境構築自動化」に関してお話をしました。
後半は王が、「採用技術の変遷」「クラウド環境への新しい取り組み」「効率化への新しい取り組み」としてお話をしました。

これまでの弊社技術の変遷(インフラ編)

基本的には、これまで先輩方が色々な場所で登壇して共有してきた事の振り返りを、一部初出しの内容も交えシンプルにお伝えしました。
高トラフィックや長期運用に伴う課題と改変を感じて貰えたらうれしく思います。

改めて、インフラやデータベースは運用前から拡張出来る可能性を想定した設計にするのがGoodです。
CDNはキャッシュ以外でも用途が色々あります。今回話した物以外に、セキュリティを高めたりする手段とも利用できるので是非調べてみてください。

社内知見を最新とするために、情報収集を重ねたりクラウドプロバイダの方とお話をしますが、度々新機能の情報がどんどん入ってくるので日々追いかけるのが楽しくて楽しくて…。楽しくて…。

最新取組み事例の開発環境構築自動化

現行タイトルの開発環境運用の課題と改善。それを受けての次期タイトルでの更なる改善についてお伝えしました。
同じ様な課題を抱えているものの、エンジニア陣が涙をのんで手動対応を繰り返している場合があると思います。 しかし、全体の効率化の為に「同じことを手作業で繰り返してる業務」は自動化すべきです!少なくとも僕はその部分を強く推進していきたいと考えます。

今回はサーバーレス化についても話をして、幾つかのツール採用に関してもお伝えしました。 ですが、まだまだやれることは無尽蔵にあるので、思いとしては「さらなる力が欲しい」です。

後半に関しては、僕からは割愛します。

反省点

会場が大学の中という事もありとても熱意のある学生さんが多数参加されてました!! 僕の講演の内容が、学生さん向けというより実務内での課題を起点とした物だったので、そこがうまく伝えられたかどうかという反省があります。

また機会があればそこを考慮し出来たらと次に向けて考えてます!

福岡

実は小学生の修学旅行ぶりの九州上陸!!
そういう意味でのわくわくもあり、前日や翌日に色々と散歩してきました!

f:id:suzuki_t_DW:20191217205237j:plain
夕暮れ時に福岡タワーの周りに行きました!
f:id:suzuki_t_DW:20191217205240j:plain
博多駅のイルミネーションかなり綺麗

地域柄かPayPayが利用るお店が非常に多かったのが印象深かったです。

今度は、旅行で訪れたいです!

©DELiGHTWORKS